千の風になって

« 2011年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

『千の風』の歌の最近のブログ記事

千の風になっては『詠み人知らず』の歌

 

世界中にさまざまなエピソードがあるようです。

イギリスでアメリカでイタリアで・・・・。

 

日本でもNHKの紅白歌合戦で秋川さんが歌った『千の風になって』が心に残ります。

秋川雅史さんの『千の風になって』をYokoOkamuraさんがイタリア語で歌った

『千の風になってイタリア語バージョン』もあります。

このほかにも英語バージョンやフランス語バージョン、スペイン語バージョンもありそうですね。

千の風になって~それから~

| コメント(0) | トラックバック(0)

NHKの紅白歌合戦で秋川雅史さんが『千の風になって』を歌ってからもう2年も経ちました。

 

千の風にちなんだドラマやエピソードが特集され流行のようになっていました。

当時は秋川さんが数々のテレビ番組で歌っておられる姿を目にしましたが最近はどうしておられるのでしょうか。

時の経つのは早いものです

 

そんな時の流れとは関係なく

毎年この時期になると『千の風になって』を聞かずにはいられなくなります。

今では秋川さんの『千の風になって』は世界中で歌われているようです。

【千の風になって】の作者

| コメント(0) | トラックバック(0)

千の風になってはもともと読み人知らず(誰が作ったかわからない作者不明)の英文の詩です。
日本では秋川雅史さんが紅白歌合戦で歌い有名になりました。


千の風になっては聞く人によって十人十色の意味を感じさせます。

【千の風になって】を聞きたくなったときに、じっくりと読んでみてください。

 

英文の日本語訳も訳人によって様々です。

千の風になっての作者

 

千の風になって a thousand winds は作者不明、詠み人知らずとされています。

誰が作者なのかは諸説あるようです。

作者探しが盛り上がったこともあります。

一説によれば『アメリカ原住民』が作った詩である。

イギリス人女性Mary Fly (メアリーフライ)さんが書いた詩である。

などなど。 実際は誰が書いたのか確定されていないようですが、多くの人たちの心に響く詩であることは間違いありません。

特に『愛する人を亡くした人』には心に響きます。

私も父を亡くした際にこの詩に出会い。すっかり嵌ってしまいました。

千の風になっての英語の歌詞

| コメント(0) | トラックバック(0)

千の風になっての英文の原詩です。

千の風になっての英語版

a thousand winds

Do not stand at my grave and weep;

I am not there, I do not sleep.

 

 I am a thousand winds that blow.

 I am the diamond glints on snow.

I am the sunlight on ripened grain.

I am the gentle autumun's rain.

 

When you awaken in the morning's hush,

I am the swift uplifting rush

Of quiet birds in circled flight.

I am the soft stars that shine at night.

 

Do not stand at my grave and cry;

 I am not there, I did not die.

 

a thoutand winds の日本語訳

『千の風』 私の墓の前で泣かないでおくれよ

私はそこに眠ってなんかいないよ

 

私は千の風になり

雪の上の輝く光になり

熟れた稲穂にふりそそぐ日の光になり

秋の日のやさしい雨になったのだから

 

おまえが朝の静寂で目覚めたら、

私はささやく水辺の草であり

鳥になって大空をまわっているよ

 

おまえが夜に目覚めたら、

私は空の星になって優しく見守っているよ。

私の墓の前で泣かないでおくれよ。

私はそこに眠っていないよ。

おまえのそばにいるのだから。

 

訳 2007年5月10日 KAZ